ルモンド練習会/セナルカ
2009-03-08 Sunday |  アジ:L練習会
2009.03.08 Sun ルモンド練習会 2度、3度
20090308

星夏編 AG2/JP2     >>> ★ 星夏の動画 ★

まずは、AG2
いきなりセナの苦手なスラ入り、しかも、ちょっと角度が難しい(汗)
セナの場合、ハンドラーを軸にして、右からぐるっと回すと
これまでの経験上、必ず、大きく膨らみ、スラの2〜3本目から入ってしまう
なので、あえて、フロントして、薄く入れようと思ったのだが・・
セナが予想以上に、スラの方へ来てしまい、押すかたちになって失敗(泣)
なんのためのフロントやら・・・とほほ
2走目は、だめもとで、普通に右から回した(スタートしきられた)
2走目となると、多少、メンタル的に落ち着いたのか、さくっとスラ入り

そして、ドッグウォークにくっついたトンネル
見た瞬間、セナは、120%、はまると思った(苦笑)
2走とも、はまってしまい、成果なし・・・(遠い目)
競技会だったら、トンネル隠すしかないのか・・・
にしても、セナがはまるたびに、先生、うけまくりなんですけど(汗)
先生の「思うつぼ」に、見事にはまるセナチーム(おい)
でもま、セナのみならず、2度参加全員、クリーンランなし(苦笑)

続いてJP2
ラージ組は、スラ手前の270度、270度のところで、つまづいていたが
スモール、ミディアム組は、足が間に合うためか、クリーンランが多かった
セナも、1走目は、テンションが低かったが、2走目は、きれいにクリーンラン


瑠夏編 AG3/JP3    >>> ★ 瑠夏の動画 ★

AG3
相変わらず、1走目は、コントロールが効きづらい(汗)
順番待ちの間も、ぎゃんすか、テンション爆発
スタートで待たせるのが大変(滝汗)
動画は、待ての失敗や、やり直しの部分は省いているので(汗)

スラに関して、まだ、絶対抜けないと言う確信がないため
最後の1本を巻きにかかるまでは動けない(汗)
そのため、後のハンドリングがきつい(泣)
1走目は、あわてたフロントの位置が悪く、その先のトンネルを狙わせた
タッチ障害は、おやつが置いてある
が、競技会モードになると、あまり、おやつを食べる気がないらしい・・・
おやつより、とにかく先に行きたいのだ・・・
セナとは親子なのに、ぜんぜん違う・・(苦笑)
最後の部分は、フロントする気はなかったのに、体が勝手にフロント(苦笑)
脳から体が、うまく連動しなくなってくるお年頃・・・(遠い目)
ハードル激突が避けられたのは、まだ、多少の運動神経が残っていたか(笑)

2走目は、よりスピードを求めるなら、外回りでスラへ
1走目で失敗したフロントも、がっちりガードしてOK
スピードも乗って、クリーンラン♪
最初から、こう走れたらねぇ・・・ 競技会に2走目はない・・・

JP2
いきなり、スピードの出る直線ハードル3本のあと、曲げないといけない
セナなら、全く問題ないところだが、ルカだと厳しい(汗)
ルカの足を、おもいっきり止めてしまった(泣)
スラの後も、急ぎたいところ・・・
が、やはり、最後の巻きに入るまで、動けず、その後が厳しい
その後も、フロントした後の位置がぶれたりの、な〜んちゃってCR

2走目は、そのあたりを修正
先生から、スピードのある子は、しっかり待たせないと無理と言われ
3本先まで、待たせて移動するのだが・・・・・
こんなに離れたことがないため、スタートの失敗の連続(待てない)
その部分は、動画からカットされているので、きれいなクリーンランだが
実際は、スタートの失敗×2・・・とほほ
こんなに離れるのは、まだ、実践では、難しいかな・・・
でも、待たせられると、やっぱり、楽だぁ〜〜〜♪

心配されたお天気も、なんとかもったし、
セナ、ルカ、それぞれ、注意しなくちゃいけないところ
練習しなくちゃいけないところ、再確認出来、収穫大!
特に、セナの失格のほとんどが、トンネルトラップ
なんとかせねば・・・(汗)と言いつつ、2年が過ぎた(滝汗)
ハウス恐怖症もね・・・(どうしてあげたらいいのか・・・)