JKC FCI東日本
2009-06-27 Saturday |  アジ:JKC
2009.06.27 Sat
FCI東日本インターナショナルアジリティー競技大会
会場:平塚市四之宮総合グランド
ジャッジ JP3:進藤誠 AG3:大庭俊幸
20090627-1

セナルカ3度出陳、
セナは、しばらくお休みしていたので、今回が初3度!
アジ練はすでに中止しているので、不安満載(しかも不安的中、汗)

本日は、ルカから、しかも、1番手(汗)
スモールから始まるので、大会の1番手〜
3度のコースで、他の方の走りで検分を確認出来ないのは辛い・・

★ ママとルカ ★     >>> ★ ルカの動画 ★

★ JP3
注意したポイント
最初の180度回転のあとからハウスへ → OK
Wバーを落とさせないよう、フロントを急がずつきあう → OK
黒トンネルから、スラロームへのフロント誘導 → OK
黄直トンから、遅れないように出て、前のバーを跳ばす
ここで、遅れないようにと急いだのは良かったが、
急ぎすぎて、ルカに後ろを取られた(馬鹿ですな、まったく)
これまでで、急ぎすぎて後ろを取られた失格、過去2回
ぜんぜん、失敗がいかされてましぇん、ママ、だめすぎ(とほほ)
見事に拒絶を取られ、失敗×1で完走 やれやれ・・
JP3 完走 バー拒絶×1 スモール17位

★ AG3
出だし、正面にたって、犬を引いてバーを跳ばせるのか、
一緒に出て、フロントか
悩んで後者にしたが、これは正解だった気がする
ルカの場合、まだ、単に引いて跳ばせるのは、失敗したかもしれない
Aフレ降りたあとの270度、
スピードが出て、ハンドラーの体もトンネルに傾きやすい
→ ちょっと、ママの体がぶれたがOK
ソフト出たあとのWバー、落とさないよう、しっかりつきあう
→ Wバーは落としやすいルカ、Wバーの向こうでフロントでOK
ウォークも、右につくか左につくか悩んだ
ルカは、セナと全く逆で、ハンドラー側に引くより、回す方が反応が良い
全体を見ると、ウォークの右を走り、犬を引いてから、の方が多かったが
我が家的には、ウォークの左から、押してで、正解だった気がする
と、攻略は、ばっちりだったのに〜〜〜〜
Aフレ、跳びました(号泣) るぅしゃん、練習では、絶対跳ばないのに
常習犯になる前に、なんとかしなくては・・・
タイム的には、セナより3秒近く速かったので、無念・・・
AG3 完走 Aフレタッチ失敗×1 スモール16位




********** **********

★ ママとセナ ★     >>> ★ セナの動画 ★

★ JP3
逃走しましたよ(えぇ)、3度様なんですけどね(遠い目)
動画、見るところはないけど、これもセナとの想い出なのでアップ(笑)
逃走後はセナでなく、なぜか絶叫するママばかり写ってるのでカット(汗)
1度では、たまに見られる逃走、でも3度で・・・・(滝汗)
JKC史上初じゃないでしょうかねぇ・・・ 
一番の原因は、メンタルケアが足りなかったこと!
今回、ルカが、一番走者で、検分のあと、すぐ準備
そして、ルカが終わって、セナまで、間に30頭なかった
セナを十分、盛り上げてあげることが出来なかったからだと思う
やっと、外に出られて、はじけきってしまった・・・ま、楽しそうだったけどね
セナが逃走した瞬間、久々のことに、一瞬、頭が真っ白
セナを漠然と呼ぶものの、動けずにいるママに、外から、もっとしっかり呼んで
と何度も声かけて下さった方、ほんとに有り難うございます!
その声で、動けるようになりました! 
競技中だったので、どなたか確認出来ずお礼も言えなかった・・
我が家のアジ、色んな方に助けられて、頑張れてます!!!
JP3 失格

★ AG3
セナを出来るだけ、外に連れ出して、落ち着かせることに力をそそぐ
そのため、他の方の走り等、ほとんど見られず(汗)
いつもなら、ルカとは違う、セナのハンドリングを考えるのだが、
ルカと走って難しかったAG、セナは絶対無理だろうと、それもせず
最後のJKCなら、気楽に楽しもうとのぞんだAG
スタート、ほぼ同時だが、JPと違い、いつもどおり1呼吸、待ってくれた!
おかげでフロントも間に合い、意外にも、指示どおり、ついてくる(笑)
ルカは、スラに入れてバックスイッチしたが、セナは、絶対無理
どうしようと思いながら、スラに近づいたとき、体が自然にエアプレイン
セナも、それについてきてくれて、見事なスラ入り(爆)
あれ? あれれ? と思っているうちに、クリーンラン♪
一番、驚いたのは、ママだった(笑)
AG3 CR タイム42.97 スモール6席入賞 10CH・Pゲット!




これから、暑さに弱いキャバ軍団、夏場は、遠征はしない
本日が、前半期、最後の競技会
梅雨とは思えない暑さの中、大会一番手と言う緊張、
久々のセナの大逃走、ルカは、どっちも、惜しいミスでCRを逃し
と、今回は、ひどい締めくくりだなぁ、と思っていたら
最後に、セナピョンの意外な活躍で(笑)今回も、一応、ロゼットGET
ルカですら、なかなか出来なかったのに、セナ君、初3度でAGCR!
セナは、すでにアジ練もやめていて、最後に一度3度を走って引退かと思っていたのに
チャンピオンポイントまでGETしてくれるとは・・・(苦笑)
JPの大逃走で、引退確信したけれど、さて、どうしましょうかねぇ・・・(笑)
20090627-1
楽しそうに走るセナ、ま、楽しければいいんだけどね〜
20090627-2
セナ君おなじみ、まいどジャンプ
20090709-1
笑顔のスラ、かわい〜♪
20090709-2
おっと、ワイルドな顔もすてきっ♪
20090709-4
きゃ〜、笑顔の走り、かわい〜〜〜♪
20090709-3
おなじみ、セナピョンの「まいどジャンプ」
お写真は、ウィルパさん、はぴ旦さんから頂きました!(多謝)
20090627

FCI東日本 反省点
2009-06-27 Saturday |  アジ:JKC
毎回、出来るだけ、自分の動画を撮ってもらい
先生の動画も撮って、自分の失敗点を比較反省する
どう頑張っても、先生のようなハンドリングは出来ないけれど
自分のミスの原因は、比較すると、すぐ分かる(汗)

ジャンピング 最後の方、直トンネルから、前のバー
直トンネルを通るわんこに遅れをとると、
バーの内側に入ってくるのは必至
また、バーを跳ばせたあと、フロントに入りたい
なので、急ぎたいところなのだが、ママの場合、ただ、急ぎすぎた(泣)

先生の動画を見ると、内側に入ってくるのをしっかりガード
20090628-1
そんなに急がなくても、ここをガードさえしておけば、
バーを跳ばせながら、自然にフロントに入れたのだ!

なのに、ただ、急いだママは、ルカに完全に背中を見せてしまい
20090628-2
「ママの背中を後ろから見る → エアプレイン」とインプットされつつあるルカ
ママの左手から、右手の方へ、移動を開始している(汗)
20090628-3
以前も、こんな風に、急ぎすぎて、ルカに背中を見せて、後ろを何度かとられている
なぜ、学ばないのだ、ママよ・・・(泣)

ジャンピングラストの間抜き
間抜きが苦手なママ、ルカを送る立ち位置が悪く、あわやバッティング
20090628-4
ルカの方が、ぶつからないよう、引いている(滝汗) すまん、るぅしゃん!
対して、先生は、犬のスピードを殺さず、通り道を塞がず
スムーズに、間抜きを誘導
20090628-5
いつになったら、こういう、きれいな間抜きが出来るようになるんだろう・・・

続いて、失敗ポイント、AGのAフレ
タッチを跳ばした原因は、その次のバーの前でフロントしたいあまり
やはり、ママが先を急いだせいじゃないかな、と・・・
が、急いで、Aフレを跳ばせた割に、やはり、体が詰まって危なかった(泣)
20090628-8
先生はと言うと、しっかりタッチをさせた後、無理せず、送り出し
20090628-6
ぐっと、バーを跳ばせる方に流れたあと
きれいに払って、かつ、スムーズな動きで、間の広い270度もきれいに誘導
20090628-7
こういうところも、見習いたいところです(はい)

アジ写真/FCI東日本
2009-06-27 Saturday |  アジ:JKC
ドッグスポーツ会場で犬の写真を撮られている、 はぴ旦さんの写真ブログ

会場のキャバズがいっぱい写っていたが、一番、ワイルド顔な奴を発見(笑)
落ち武者ルカ
最近、テンション落ちるし、集中しないしで、問題多数だけど
なんか、顔、一生懸命だわん♪

20090718-1
ルカの笑顔の写真は、あまりないんだけど、これは、ちょっと楽しそう♪
20090718-2
ドラキュラ牙もひかってる(笑)
20090718-3