アジタン12・26
2009-12-26 Saturday |  アジ:他競技会
2009.12.26 Sat アジタン 12・26

2回目の参加となるアジタン
少人数、スモール3頭、ラージ2頭、午後から+ミディアム2頭
いつもお会いする、俊足プードルズ(スモールで走って下さいました)
早朝から夕方暗くなるまで、計13走分とシーケンス練習
これでもかと言うくらい、走らせてもらい、人間も犬も疲れた〜(笑)
ルカペアの苦手なシーケンス満載で、いい練習になったな〜
終わったときには、体はもちろん、頭も疲れました〜(笑)

     >>> ★ セナの全動画 ★

     >>> ★ ルカの全動画 ★

◆ JP3 ◆

20091226-1



セナペア:内回りの指示がうまくいかず、
セナにバックスィッチと思わせる失敗が続いていたので、
そこを注意すれば、他はなかなかいいでしょう♪



ルカペア:
朝一で、ぼ〜っとしてるママに対して、到着直後で興奮状態のルカ
全く制御出来ず、ぼろぼろ(汗)
どうも、エアプレィンに苦手意識のあるママ、普通のフロントを多用
が、それだと、間に合わなくて、ルカを押したり、次の動作が遅れたり
2走目は、思い切ってエアプレィン、やっぱ、こっちだね!


◆ スクランブルチェィス JP+AG ◆

スクランブルチェィスとは、JPとAGのコースが混在するコースを、まずJPを走り終えたらテーブルに乗せ、続けて、AGのコースを走る、と言うもの!
検分時、一気に、2コース分、覚えないといけない(汗)
これが、全く形が違っていると、そうでもないが、同じ形の中で、別の走り順を覚えないといけないので、老化した脳には、結構、きつい(笑)
体力的にもきついので、ハンドラーの集中力が切れやすい
最初に気負いすぎると、最後まで続かない(ママの走りを見ると一目瞭然)
ここで大事なのが、今回頂いたノートにも書かれていたが、「腹八分」
集中力も100%、気力も100%で行うよりも、練習も競技会も、いつも8割の力、8割の集中力で、同じ結果を出せるようになると、体が疲れようが、コースが難しかろうが、もっと楽に、もっと落ち着いてハンドリング出来るぞ、と言うこと!

20091226-2



セナペア:
走ってる最中に、思わず、ママがだめだし(コース違いを指摘)(汗)
でも、セナのこと考えると、これ、しない方が良かったと、ママ反省
パパがすぐ、セナへのフォローが出来れば良かったけど、
しばらくセナをほったらかしになってしまい、セナ、テンション急降下
パパも、ママも、だめですな(苦笑)
パパ、コースを間違えたり、失敗したときは、まず、セナをほめて!
それから、次に、コースのことを考えましょ〜♪
昔のセナなら、この時点で、逃走でしょうが、
ほったらかしにされても、しっかり再開出来るのは、すごい成長ぶり♪
パパ、セナピョンに、かなり助けられてますな(笑)



ルカペア:
JPのラスト、間抜きの失敗は、このところのルカの失格シーケンス
「奥」コマンドで、犬だけ、外から回す練習に力を入れたせいか、普通に跳ばせたいけど、やや、ラインを作って、斜めから跳ばせたいときなどに、外回りして跳んでしまう(汗)
「勝手にエアプレィン」に続き、「勝手に奥」(滝汗)

2走目、ラインの作りを浅くし直したのに、また、「勝手に奥」
これで、集中力が一気に切れたママ、後半ボロボロ
このあたり、八分目の集中力を持続する、と言う大事さかな!


◆ スクランブルチェィス AG+JP ◆

20091226-3



セナペア:ハンドリングの問題は、やはり内回転の指示の仕方
ひょいとハードルをさして、すぐ、体をひっこめるので、
セナには、バックスイッチの指示に見えてしまってますねぇ(汗)
あと、失敗させたときは、まず、セナをほめましょ〜
失敗させたのは、パパのミス、セナは、その指示どうりにしただけなので!



ルカペア:スタートの「待て」は、まだまだ安定せず(汗)
AGの次のJPでは、Aフレでなく、横についたハウス
得意な方なのだが、最初のAGで、Aに行ったばかりなので、だめだった(汗)
JKCでは、テンションが上がるのだから、同じように気をつけないと

2走目は、他の方々のように、ソフトにつきあわず、ハウス側で待った
ルカは、以前、ソフトが嫌いで、しっかりつきあわないとだめだった
今は、もう、大丈夫かな〜!?
大丈夫なら、絶対的に、こっちの方が楽!

エアプレィンを使えば楽だろうと思うところ、まだまだ多数
早く苦手意識をなくそう!


◆  AG2 ◆

20091226-4



セナペア:ここで、すでに、10走分なので、かなりお疲れのセナ君
これまでの最高は、たぶん1日に6走なので、限界を超えてるかも(汗)
それでも、一生懸命、パパの指示に従って走ってる!!!
精神的な成長を感じられるとともに、最近、体力もついてきたなぁと感じる!



ルカペア:スクランブルチェィスを2つやった後、単体のAG2
検分時、めちゃくちゃ簡単に感じた(笑) ・・のに失敗した(滝汗)
集中力が八分目でなく、簡単と思ったとたんに五分目になったのか(汗)
平行バーの間抜き、確かに狭いが、失敗したのは、ルカだけ(泣)
う〜ん、まだまだですな(汗)


◆  タイムフォルト& アウト・ジャンピング ◆

20091226-5



セナペア:やっぱり、バーを指示したあと、すぐ消えてますねぇ、パパ
これ、何度も言ってるんですが、癖かな
しっかりなおしてもらいましょ〜!
2走目は、やっと、そこを意識した出だしになりました!
にしても、ほんとに、セナピョン、よく、これだけ走りました!!!



ルカペア:出だし、最初は内回り、次は外だしで、やってみた!
これが競技会だったら、たぶん内回りを選んだだろう
引いて跳ばせるとき、また、「勝手に奥」になりそうだったから(滝汗)
海先生だと、たぶん、全部、外だしだろうな〜

ラスト、ソフトあたり
スピードの落ちたルカだから、ソフト側から間に合った
普通だったら、きっとバッティングか、間に合わなかっただろう(汗)
2走目のように、バーの外側から、引っぱる方が正解かな!
まだまだ、検分だけでは分からず、やってみて初めて分かる所が多い
って、競技会だと、それじゃ、アウト(苦笑)
だからこそ、色んなコースを走って、経験してみるのが大事なのかな〜

ノートには、日誌をつける大事さも書いてあった!
日記に残しておくのは、いいってことだ! 
でも、ほんとは、休みの日の様子も記録しておくのがいいらしい!

早朝から、暗くなるまで、1走ずつ、メモをとり、タイムを計測して下さり、
アドバイス下さったジャーナルさんに感謝!!!
もっと楽に、力を抜いて、八分の力で走れるように頑張ろ〜♪