ムーラン
2016-05-13 Friday |  映画・ドラマ
相変わらず時代劇ドラマを楽しんでるのだけど
韓流時代劇を見尽くしてきて
最近は中国の時代劇にはまっている

食品や家電だと中国産は躊躇する今日この頃だが
歴史ドラマに関しては、韓流よりお金がかかっていると言うか
衣装や建物など壮大感が満載なものが多い(武侠ドラマはちょっと苦手)

項羽と劉邦、大秦帝国、朱元璋、岳飛伝、孫子大伝などから
蘭陵王、風中の縁、宮〜時をかける宮女と異色なものまで

今回はまったのが「巾帼大将军 MULAN」
時代は北周から隋に入ったところ

ムーラン

ムーランは確かに歴史的な所もあるのだが
ロマンスありで異色な部類
ディズニー映画になったくらいなので正義感満載でもあるかな

ムーラン

登場人物の中で、主人公の女性、若蘭(じゃくらん)にはさほど興味がわかず(おい)
誰がどう見ても女性でしょうに、しかも自分の考えを押しとおすタイプ?(汗)

ムーラン

いい味出してるなぁと思ったのが、この方↓ 趙宇(ちょうう)

ムーラン

この方をキャストに選んだ監督?がすごいとか思ったわ!
どんな俳優さんだろうと実際の姿を探したりしたけど探さない方がよかった(笑)
このムーランの世界の中で最高です!
でも、いい人だけに、きっと主人公若蘭(じゃくらん)のために命落として
若蘭はもう一人のかっちょいい王子↓と結ばれるんだろうな〜とか心配しちゃった(笑)

ムーラン

ネタバレになるので、このあたりでやめときましょう。
とにかく、せっせと録画して、一気見しちゃいました!
時代劇は週一ペースで見たりすると時代背景や人物の相関が分からなくなるので
ためといて一気見がおすすめです

女性ながら、年老いた父に代わり男装して従軍し、武術を学び闘った若蘭だけど
この時代、従軍するような、一応、ちゃんとした家柄の娘たちは
多くの場合、幼い頃に纏足(てんそく)しているため
実際には、彼女のような活躍は無理だろうなぁ

  纏足(てんそく):
  当時中国の女性達は、幼い時期に足の指を折って中に折り曲げ
  小さな形に整形して、小さな小さな靴をはいていた
  纏足してないとお嫁にいけないこともあったとか?!
  ムーラン
  左足ですが指が完全に折れて中に折り込まれてるんですね(汗)
  右足はあの小さな靴の中におさまっているようです。