小夏の訴え

カイ君が来て、1年が過ぎたのに
いまだに、「3頭 vs 1頭」の構図のまま・・・がくり
ルカのときなんて、小さい頃から、すぐにキャバ団子になってたのに
絆
なんとか、この距離を縮められないかと策を練ってみた
今は、夜、寝るとき、同じ寝室内だが、子らはサークル内でねんね
コナセナルカが一緒の長いサークルで、カイだけ、別のサークル
これを、全部つなげて、ちょ〜長いサークルにして、4頭一緒のねんねにしてみた
かなり広いので、一緒でも、離れて寝ることは可能
最初は、接近すると、グルグル言い合ってたボーイズだが、2日目には慣れた?
が、どうしても寝られないのが小夏さん
ひとり、サークルの隅っこに起きたまま、ひんひん訴え
心を鬼にして、無視してると、そのうちあきらめて、セナルカにくっついて寝てた
数日、同じことが続いた後
夜、寝るよ〜と言っても、小夏さんだけ、二階に上がるのを拒否
連れて上がろうとすると、ものすごく悲しい顔をして逃げる
嫌なんでしゅっ、ちゅらいんでしゅっ、あたち、安眠できましぇん
小夏さんの涙の訴えに、とうとう、ママはあきらめました
サークルを切り離し、3頭と1頭、別々に戻し
それでも、しばらくは小夏は2階に上がるのを嫌がってたけど
もう一緒じゃないと確信したのか、また、普通に2階にあがるようになった
今では、もとどおり、寝るよ、の一言で楽しそうに2階にあがっていく
下の子がくるたびに、上の座を明け渡して、今では、4thに甘んじている小夏
下の子にいじめられても、ひたすら耐えて、ママを困らせたことがない
だけど、やはり彼女なりに、譲れない部分もあるのよねぇ