規程改正

数日前に届いてたJKCの冊子「Gazette」
アジリティー規程、アジリティー競技会規程の改正が載ってた
自分のための確認もかねて記録
★ 競技クラス
シニアクラスを削除
アトラクションを3こまで設定可能

若い子には有利に、年老いた犬には残念な結果に?(苦笑)
★ 出陳犬の資格
1〜3度への出陳は、各競技会の出陳申込締切日時点のクラスで申し込む
申込書を送った後でも、変更があって、締切日前なら、連絡して変更しろってこと?
これまで、締切後でも大会によっては、変更してくれたりしていたのをなくすってこと?
★ 異なるクラスへの重複出陳
2・3度犬はアトラクションにおけるビギナークラスに重複出陳できない
これは、これまでどおりじゃないの?
アトラクションに出られるのは、1度だけだった気が・・・?
★ 競技リンク
最低24m×40mの広さが必要、リング内に設置されるコースは、最低20 m×40m
走る方としては、あまり関係ないかな・・・
表面が滑りやすい素材で覆われていたりしてはいけないと規程にある
JKCカップ等は、いいのか???(苦笑)
★ コース
障害の数は、15個以上22個以内
連続する2つの障害間、Sで4~7m、カテゴリーM・Lで5~7m離す

障害数が増え、スモールでは、これまでより障害間が狭まることがあるかも
★ 障害の種類と寸法
コンビネーションジャンプを削除
コンビジャンプが削除されたのは嬉しい♪
正直、よく分かってなかったので・・・(おい)
他にも、各障害物に対し、多少の変更があったが、大差ないかな
タッチ障害のタッチゾーンに電子コンタクトを使用しても良いとあった
そのうち登場するんだろうか・・
タイヤの下半分は閉じているか、埋め物で満たされないといけない
これは、タイヤをくぐってしまう子には有利かな!?
★ 障害上の注意事項
Wバーのハードル、タイヤ、ロングジャンプは、常にその前の障害の直線上に設置
これまで、3度だと、たまに厳しい角度でおいてあった
スモールはなんとかなるけど、MLには辛いことがあったのが救われるね!
スラとタイヤは、1回の競技中、1回のみクリアともあったが・・・?
★ 失敗による減点
指導手が自分の犬または障害に触れて有利な状況を導いた場合、その都度5点減点
分離式タイヤで、犬が通過の際、タイヤが分離したとき

厳しいフロントとかで、犬を曲げる際に、たまたま犬が体に触れることもある
足の回りとか・・・
触れてフロントの方向に向けたとしたら、有利な状況に導いたことになる?
間違った障害に行きそうな犬を体で防いだとき、ちょっとどこかにあたったり?
そういうところ、ちょいとくらいは見逃してもらえてたのがだめになる?
★ 失格
出陳犬が、ジャッジのスタートの合図の前に、スタートラインを超えたとき
分離式タイヤで、接触等によりタイヤが分離した際、犬が通過を拒絶した時

スタートは、これまでどおりで表現が変わった?
タイヤが落ちても、そこを通ればいいってことかな
びっくりして後方にうしろずさった場合、
拒絶じゃなくて失敗だから、やり直しは出来ない?のよね?
後ろずさったら、失格になるのかな?
シニア犬を抱える我が家としては、シニアクラスの削除は残念
チャンピオン登録したら、バーの低い1度はもう出られないしねぇ
正規のバーが跳べなくなったら、とっとと引退しなさいってこと?(苦笑)
きっと、そろそろシニアでのんびり、とか思ってた人もいるかも
でも、確かに、出陳数が少なかったものねぇ・・需要がなかったのか
コンビジャンプがなくなったのは、分かってなかっただけに嬉しい(こらこら)
アジを始めて、ちょうど6年となったママだけど
いまだに、ルールをよく分かってなかったりする(苦笑)
むか〜し、セナピョンと1度を走っていた頃
ロングジャンプの一番手前の板に、ちょこっと手をついてからジャンプ
きれいにジャンプしたので、次の障害に行き、失格したことあり(遠い目)
跳んでから、手をついたのならいいけど、跳ぶ前に手をついたら拒絶
もう一度、手前からジャンプを跳び直さないといけなかったのよ(無知)