すみれちゃん逝く

また会いにいくね、の約束を果たせないうちに
小夏と同胎姉妹のすみれちゃんが旅立ってしまった・・・
出先でメールをもらい、夕方、お別れに行ってきた
9歳と2ヶ月
他の犬種からすると、早過ぎる旅立ち
でもキャバリアは、遺伝病に命にかかわる心臓病があるため
平均寿命は、他の犬種に比べ、短い・・・(涙)
10歳を越えて頑張れる子もいるけれど、5〜6歳の若さで逝く子も多いので
心臓病を発病しても、ゆっくり進行して、長く頑張れる子もいれば
急激に悪化してしまう子もいる
すみれちゃんは、ひどく苦しむことなく旅立った
それが救いだろうか・・・
つい先日の土曜日には、何度も甘えにきてくれて
かわいい笑顔を見せてくれたのに
今日は、もう、冷たくなって・・・
本当に、命ってはかない・・・
2003年6月生まれの、すみれちゃんと小夏
まだ、1歳になる前の、2004年の1月、寒いときに初めて会った
あれから9年、あっと言う間だったわ・・・
公園をめぐったり、お互いの家で遊んだり、カフェランチしたり
色んな思いでが一気によみがえり、
すみれママを慰めるべきところなのに、ママの方が、ぼろぼろ泣いてしまった
すみれちゃん、たくさんの想い出をありがとう
20080701-1.jpg
小夏はブラックタン、すみれちゃんはトライ、顔はそっくり