セナ復活!?

秋からのアジシーズン
お友達のシニアーズの頑張りを、たくさん見た!
そして・・・あこがれのワンコの突然の旅立ち(涙)
20121025-1
今、やれること、やらないままにしていて後悔しない?
そんな考えが、このところ、ずっと、ぐるぐると・・・
星夏、セナピョン、8歳と4ヶ月
20121025-2
ママにアジリティの楽しさと喜びと・・・そして、大変さ(笑)を教えてくれた子
ほんとに苦労して、息子のルカに遅れたものの、無事3度昇格
初3度(FCI)では、まさにセナらしく、JPは3度犬で逃走、AGはCRで入賞(笑)
その後、アジを始めたパパと走りだして
パパにもアジの楽しさと苦労(笑)を教えてくれた
幸運にも、まだ、心臓病も出ず、元気
近場の内輪の大会だと、まだまだコースだってしっかり走れるのだが
     >>> ★ 今年 2012.05.05 のルモンド杯でのママとセナ ★
クレート嫌いで、クレートに入ってるとストレスで大量のよだれが出たり
大きな競技会場に行くと、目がいってしまい、逃走したり(汗)
集中出来ないことが多いのだ
パパとの競技も、ちょうど1年前、ヨコスカの大会でのW失格が最後となった
     >>> ★ 2011.09.23 - 24 のヨコスカ2連ちゃんでのパパとセナ ★
そのときは、セナだから、と思ったが、あらためてビデオ見ると
セナのスピードだと全くあせる必要ないのに、パパが丁寧についていってない箇所多数
一番最初の1、2、3だって、ぜんぜん丁寧じゃない(汗)
もっと体を低くして、セナの目線をはずさなければ大丈夫だっただろう箇所多数
スラこそ急がなくていいのに、早く移動しようとして抜けた箇所多数
もっと、より丁寧に、側にくっついてハンドリングしてれば、とも思える
走れない訳じゃない、このあと、何度もルモンド杯などで上手に走ってるのだから
ただ、大きな競技会場で集中させるのが難しい子なのは確か
パパもメンタルしんどそうだし、ルカと走っては、ということになり自然消滅的引退
カイが競技会に出られるようになってから、と思っていたのを早めることになった
そのセナピョン
クラブ展でもなんでもいい、あと1回、CRすれば、グランドアジチャン完成
グランドアジチャンとったから何?・・・的なところも多々あるが
せっかくアジをやってきてた一区切りの思い出的要素だろうか(笑)
そして、間もなく、そのヨコスカ競技会がやってくる
クラブ展で、上位陣のいない3度も・・・
それなら、ちょうど1年のリベンジで、セナを2度に出してみる?
引退した犬を、わざわざ競技会出して、お金もったいない、って考えもあるんだろうけど
さて、どうするか・・・
この1年、まともに練習してないし、ルモンド杯とかもバーダウンでやってきた
35cmが跳べるだろうか・・・
申込締切まで、少し時間があるので、ちょっと練習してみたりして決断しましょう
もしかしたら、久々にパパと茶キャバが走るかも♪
やっぱり、パパと黒キャバが走ってるかも(笑)