マリーちゃん永眠

2003年6月生まれの小夏が家族に加わったとき
ママは、アジリティどころか、ドッグスポーツも訓練も何も知らなかった
単なる家庭犬として、犬との暮らしをはじめたので
そんな我が家に、犬と一緒に何かをする喜びを教えてくれた家族
それがマイロ家
キャバリア飼いが集まっていることや
我が家のすぐ近くの河原で犬の服従訓練をしていることを教えて下さった
(↑ 現在のWISH)
そこで出会ったブラタンのマリーちゃんは、小夏より数ヶ月下、ほぼ同い年の女の子
臆病な小夏と対照的に、活発、利発な女の子
その子が、キャバリアの遺伝病である僧房弁閉鎖不全症になり
レベル3ながら、ご家族の愛に包まれて平穏な生活を送っていたのに
今回、「扁平上皮癌」と言う病魔に襲われ、9歳で旅立ってしまった
ママさんから、ご連絡を頂いていたのに、
11月後半から、ほんとに日々、飛び回る日が続き、
延ばし延ばしになってしまっていた・・・
元気なマリーちゃんには会えないままだった
なんとか最期のお別れをしたくて、今朝出る前にお宅へお花を持っていったけど
事前に連絡もしなかったので、残念ながら会えず
先日、同胎姉妹のすみれちゃんを、同じく9歳で見送ったばかり
すみれちゃんやマリーちゃんの分まで、頑張って生きよう、小夏さん
2005年4月の写真 一番左がマリーちゃん、左から2番目が小夏
コナセナ写真