CD1・CD2 合格/カイ

本日、カイ君のJKC CD1、CD2の訓練試験
スクールのフィールドや近所の公園では、かなり良い感じなのだが・・
試験会場、わんこ達の吠え吠えで迎えられると、
回れ右して車へ逃げようとするカイ君(アジ競技会場などでは強くなったのになぁ)
まず、雰囲気に慣らそうとするものの目は泳ぎ、座れすらままならない(泣)
ママがカイを落ち着かせようと苦戦している様子をじっと見てらした試験官の先生
試験を始める前に、カイの様子の説明とママのカイに接する態度の間違いなど
すご〜〜くなが〜〜い目から鱗なアドバイスをたくさん下さった!
ママが、今、困っている点、悩んでいる点など、あまりにずばっと当たっていて・・・
全部書き留めたいけど、長くなるので割愛、お話の始まりだけ書くと
シェルティは確実に、根底に臆病で繊細な面を持っている(特に突発的な音)
でも、飼い主の接し方や訓練の仕方次第で、
その臆病な面を十二分にカバーする強さをもたせてあげることが出来る!
臆病な犬種だからと、腫れ物に触るようにしていたら、犬が成長しない
もう十分、良い子に育っているのだから、
これからは、彼に「忍耐」「義務」を教えないといけない
今の彼には、それらが足りない!
犬でも人間でも、楽しいことだけでなく義務が生じるのは当たり前
かわいそうでもなんでもなく、それを教えられない方が犬にとって不幸
決して感情的に叱ってはいけないが、間違いをきちっと叱ることは、とても大事
正しくなったとき、正しいことをしたときに褒めること、それを忘れなければ大丈夫
場所慣れさせるための時間も含めると、たぶん、小1時間くらいだったかも
試験終了後にも色々アドバイスを頂き、試験のみならず、すごく有意義な時間となった
それに、カイ君、顔つき、体のバランス等、非常に良いシェルティだと褒められた♪
        超のつく親バカです(お愛想だとしても素直に嬉しい)
さて、本題な試験は・・・
紐付き脚側行進、紐なし脚側行進
フィールドでは、ママを見上げて素晴らしい脚側をするカイ君だが
試験では、やはり、チームテスト同様、脚辺行進だった(泣) 大幅減点
停座及び招呼
一発OK!
伏臥、立止
どちらも練習では声符のみで出来るが、集中してないので体符もつけた
常歩行進中の伏臥
最初の声符のみでは伏せせず、立ち止まって、再度、伏せをかけた(大幅減点)
常歩行進中の停座
伏臥が↑のようだったので、1声符後、座れをするのを見て一瞬立ち止まった
「行進中の」ではない分、減点
常歩行進中の立止
「待て」の際、ちょっと手を動かしたので体符になったが一番良かった
「行進中」の種目の中で一番良かったとのこと(苦笑)
据座
ちゃんと動かず待っていたが、回りが気になりキョロキョロした分、微減点
遠隔・停座からの伏臥
ちゃんと出来たが、これも、オドオド感があるので微減点
脚側の様子で、先が不安と思われたが、他は結構、良かったとのこと
これ、OPDESのチームテストでも同じこと言われたなぁ(苦笑)
めでたく、無事、合格!
点数が分からないので、ランクも現時点では分からない
CD1 & CD2 受験料 5000円 登録料 3200円 ×2=16400円
同時に、チャンピオン登録申請も完了 3200円
帰宅後、DNA登録の振込と申請書発送も完了 7500円
あとは、DNAキットが届くのを待ち、それを送れば手続きは完了
あぁ、さようなら、諭吉さま〜〜〜(泣)