チュノ~推奴~ 2

先日書いた「チュノ~推奴~」  >>> 2013.03.12 チュノ~推奴~
その中で、主人公が 「イップ・マン葉問」と同じ鍛錬用具を使ってることを書いた
20130312-1
イップ・マンは、ブルース・リーのお師匠様
なので、この物語の主人公もイップ・マンの詠春拳派なのかしら、なんて(笑)
が、実は、物語の主人公が、ではなく
主人公役のチャン・ヒョクさん、ご自身が截拳道を7年間、修練中とのことだった!
20130329-3
截拳道(ジークンドー)とは、ブルース・リーが幼少期より学んだ詠春拳に、
ボクシング、合気道などさまざまな格闘技を取り入れた武道
お〜、だから、他の俳優人が、アクションではすぐ、スタントの撮影に変わるのに
彼の場合、結構、地でやってるのね〜(もちろん、スタントもいっぱい入っていたが)
この「チュノ~推奴~」、放送開始5回で視聴率が30%を突破したそうだ!
ママが見ている再放送もそろそろ終盤だが・・・
きっと、この性格だと・・・・死ぬんでしょうねぇ(苦笑)
韓流ドラマって、日本のドラマ以上に、主人公が死ぬ確率が高い
別名「廃人ドラマ」
見終わった後、廃人のように魂が抜けた状態になってしまう(苦笑)
「そして誰もいなくなった」ごとく、主要人物全員死亡なんてのも数ある
廃人ドラマ代表2作品は見た「バリでの出来事」 「チェオクの剣」
20130329-1
「チュノ~推奴~」は違うといいんだけど・・・そうなりそうな予感(汗)
余談だけど、あら、「バリでの出来事」のいじわる女
善徳女王(ソンドク女王):トンマン王女の双子の姉ではないか・・
20130329-2
役次第でイメージが全然違う〜 あたりまえだが、さすが女優
たまに以前見たドラマの画像を見直したりすると、面白い発見があるものだ!