孫文の義士団

2011年に公開された香港・中国合作のアクション映画「孫文の義士団」
20130605-1
中国の革命の父とも呼ばれる孫文、辛亥革命により、二千年続いた中国王政に終止符を打った
彼を1時間守るために、命をかけた名もなき8人、相手は、プロの暗殺団500人
見てる途中、邦画「十三人の刺客」がデジャブー
「十三人の刺客」は、残忍な暴君(稲垣吾郎)を暗殺すべく300人の家来に立ち向かう13人だった
20130605-4
「十三人の刺客」は、まだ、腕に覚えのある武士であるが、こちらは、全員がほぼ素人
ほんとに名もない人たちであり、孫文のためなのか、主のためなのか、分からないほど
ただただ、恩に報いる、誇れる自分でありたい、それだけのために命をかけて闘った
上のポスターでも気づくかもだけど、8人の中の一人は、イップ・マンを演じたドニー・イェン
20130605-2
さすが俳優と言うか、イップ・マンとは、がらりとイメージが違う(汗)
同じ人なのに、話し方、立ち振る舞いだけで、こんなに別人に見えるのだろうか
敵の暗殺軍団の長も見たことのある顔、「大明帝国 朱元璋」
20130605-3
他にも、映画や大河ドラマで見た顔ばかり 豪華キャスト
ストーリーも政治色はやんわり、それより義士の闘いぶりに目を奪われる
当然ながら、どちらの映画も、一人また一人と倒れていくのだが(涙)
それでも、一気見するほど、楽しめた!
う~ん、楽しめたと言うのは微妙なのだが(汗)
スーパーなどでは、思わず躊躇してしまう中国産(汗)
が、大河ドラマや映画は素晴らしい♪(歴史ものが好きなので)