琅琊榜(ろうやぼう)

またまたはまりました!
というか、これまで見た中国&韓国歴史ドラマの中、私的に第1席!
琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―
琅琊榜(ろうやぼう)
時代は南北朝時代の梁
同時代のドラマとしては「蘭陵王」そして統一隋の「ウーロン」に続く
中国時代劇、2種類あって
「好漢! 速攻義兄弟! 悪(朝廷)と闘う!」単純明快!痛快!超人的な武術
武侠ドラマや「水滸伝」「隋唐演義」など

歴史にもとづき、心に訴える、冷静思考的なもの
初めて見る中国ドラマが前者だと自分には合わないやと思う人も多いかも
でも後者のようなドラマも多い
後者の中にも前置き(登場人物がずらずら出て来てその説明ストーリー)が異常に長くて
途中で嫌になる人も多いかも
これは何だろう、お国柄なのか?
でも、この「琅琊榜」はテンポがいい!!!
ママの好きな頭脳派主人公だし
中国版エミー賞10冠達成!な作品だとか
この主人公「梅長蘇」を演じられた胡歌(フー・ゴー)
「風中の縁(えにし)」の中でも非常にいい感じだったけど
風中の縁
2006年に大事故で再起不能と呼ばれるほどの傷をおいながら奇跡のカムバックをされた方
今回の「琅琊榜」はまさにぴったりな役でした〜
中国ドラマってイマイチだものと言う方には、ぜひ、おすすめしたいドラマ!
中国ドラマへのイメージが変わるかもしれません(笑)
ラストはかなりあっさりだったけど
ドロドロした死に際を見せられるより美しく終わった気がします!
あぁ、それよりも、見終わってしまったので明日から何を楽しみに生きたらいいのか
他の登場人物のその後でもいいから続きが見たい(苦笑)
しばらく他のどのドラマを見ても物足りないかも(苦笑)