お友達・お客様」カテゴリーアーカイブ

お預かり5日目

あっと言う間にお預かり5日目の金曜日

今日は午前中半日お留守番して
ママ帰宅後
1頭ずつ出してのお部屋でボール遊び

まぁ待ってる奴らのうるさいこと(汗)
りっちゃんも負けじと大興奮

そして午後は
み〜んなでお昼寝(笑)

写真なし(汗)
どうもスマホを出してる余裕がないのよね〜
久々の4頭
1頭は腰の立たないじじぃ
1頭はシーズン真っ只中
1頭は9歳になってもまるっきり子供な奴
手のかからないのはルカだけ

お預かり3日目

我が家に来て3日目
今日はカイのアジ練のお供でフィールドへ

毎回じじぃずも皆遊びについて行き
セナルカじじぃズは、この後、延々と寝ます(笑)

黒コンビ2頭は余力があるようで?
そろって番犬してます(汗)

お預かり2日目

今シーズンだからおパンツ着用で

昨夜は寝室にコナのハウスを設置して
ハウスでおねんね
夜中しばらくクゥンクゥン鳴いたりしたけど
あきらめて?朝までネンネしてくれた

さて今日はどうかな?

お久しぶり

昨年の終わり、私の大好きだったキャバちゃんが旅立ちました・・・
ものすごく美人で、おちゃめで、かわいくて
ママがつける彼女の吹き出し(言葉)が、ほんとに彼女にぴったりで
いつも、ブログを見ては、心和んでました
心臓病と闘いながら、キャバとしては、大往生な生をまっとうしました!
と思えるんだけど、
それでも、ケイちゃんは、このままず〜っと逝かない気がしてた
しばらくして、そんなケイちゃんから素敵なお写真が届きました!
「お久しぶり」の言葉に、思わず涙がポロポロ
しまうことも出来ず、ケイちゃん、ずっとMacの側にいたの〜
20140110
ママさんの許可を得て、スキャナで取り込んでブログに、
と思っていたけど、
OSをバージョンアップして愛用していたフォトショが使えなくなり
新しいお絵描きソフトだと、どうしても、きれいに取り込めなくて(泣)
あれこれいじってみたけど、うまくいかず
かわいいケイちゃんがぼけちゃったけど、これでアップ
縮小してシャープかけたら、なんとか、かな(汗) ごめんね、ケイちゃん
10140110
今日からは、うちで先に逝った子達と一緒の場所で見守ってくれます!
毎朝、みんなと一緒に、おはようも言えるよ!

お友達宅でプール遊び

お友達のお家でプール遊びをしてきた!
このところの水泳特訓で、入れても逃げ惑うことはないようだ(苦笑)
が、自発的に入ることは絶対ない(きっぱり)
20130725-2
なんか、ラブラブ?(笑)
20130725-1
と、楽しんでいるように見えるけど(笑)
プール遊びのはずが、どの子もプールには入らず(笑)
結局、広いお庭をみんなで番犬をしながら走り回って遊んでた(爆)
子犬時代を除いて、アジフィールドでも自由にされることはないカイ君
他の子達と、自由に遊ぶのは、子犬時以来か
遊びたいけど、なかなか混ざれない感じで
かと言って、寄られて逃げる訳でもなく、楽しんでいたようだ♪
そんなところも飼い主に似るのか(爆)
お昼を一緒にして、午後予定のある我が家は一足先に失礼したが
楽しい時間を過ごさせて頂きました(多謝)
にしても、広〜〜いお庭、うらやましいな〜〜〜(ほんとに)
20130725-3
楽しかったね、カイ君♪

チョコちゃん手術

セナのお嫁さんで、ルカのお母さんであるチョコちゃん
右下あごあたりに悪性腫瘍ができてしまった(泣)
20130601-1
先日、お会いしたときの話では(最初にかかっていた病院)、手術は無理とのことだったが
別の病院に行き、手術をすることになった
テニスボールほどに大きくなった腫瘍
そのままにしておくと食道、気道をふさぐことになってしまう
そうなると、苦しむのは明らかで、その負担を減らす手術
アゴの骨ごと取る手術なので、大変なことになるのだろうと心配していたが
1週間の入院後、退院してきたチョコちゃんは、想像と違い、とても元気だった!
切除した部分の写真を見せてもらうと卒倒しそう(汗)
歯がいっぱいついたアゴをごっそり(泣)
が・・・ 取ったあと、整形的な手術もして下さったそうで、見た目、大きな違和感がない
特に反対側から見ると、ごく普通
20130615-1
よだれが出るし、しばらくシャンプーもしなくてよいよう、全体の毛も短くカットして下さったそう
20130615-2
右側のアゴごとなくなったので、舌の収まりが悪いようで、舌が出てしまう
が、舌はちゃんと動き、中に収めることも出来るし、水を飲んだり、ご飯も食べたり出来ると
20130615-3
しっかり見て、可能な限り、腫瘍部を取り除いたので、もしかしたら、このまま老後を過ごせるかも
念のために、抗がん剤治療をするかどうか、これから選択するとのこと

チョコママ

今日はFCI初日で、お友達が頑張っている中
我が家は、ルカのお母さん犬であるチョコちゃんに会ってきた
5歳で心臓病が出たけど、悪化することもなく10歳まで頑張っていたのに
今度は、口の中にガンが出来てしまったとのこと(涙)
我が家、昔、結婚時にママが連れ子したニャンコ1匹も口の中にガンが出来た
下あごの骨にくっついていたので、切り取ることも出来ず
思い出しても涙の出る闘病生活だった
でも、今日、会えたチョコちゃんは、予想以上に元気だった♪
確かに、ほっぺが大きく腫れていたけど、持って行ったおやつを美味しそうに食べ
ゆっくりしか食べられないので、他の子が取りに来たら、う~と威嚇できるほど
20130601-1
ルカと同胎のミントちゃん
顔も似てるけど、興奮しやすく落ち着きのないところ、吠え吠えなところ、そっくりだわ(汗)
写真も撮れませんけど(苦笑)
20130601-2
にぎやかだったチョコちゃんちも、高齢化して、ルカと同胎、7歳のミントちゃんが一番若い
旅立った子もいて・・・ 現在、5頭
他の子達とも久しぶりに会ったのだけど、覚えてくれてたのか、べったべた(笑)
20130601-3
チョコちゃんは、おやつをゆっくり味わったあとは、一人、台所の隅でお昼寝
ちょっと疲れさせちゃったかな・・ 良い刺激になればよいけれど・・・
まだ、自力でご飯も食べられるし、目力もあるチョコちゃん
痛い思いや辛い思いをできるだけしないですみますように(祈)
残った時間、楽しいこといっぱいありますように幸せに過ごせますように(祈)

マリーちゃん永眠

2003年6月生まれの小夏が家族に加わったとき
ママは、アジリティどころか、ドッグスポーツも訓練も何も知らなかった
単なる家庭犬として、犬との暮らしをはじめたので
そんな我が家に、犬と一緒に何かをする喜びを教えてくれた家族
それがマイロ家
キャバリア飼いが集まっていることや
我が家のすぐ近くの河原で犬の服従訓練をしていることを教えて下さった
(↑ 現在のWISH)
そこで出会ったブラタンのマリーちゃんは、小夏より数ヶ月下、ほぼ同い年の女の子
臆病な小夏と対照的に、活発、利発な女の子
その子が、キャバリアの遺伝病である僧房弁閉鎖不全症になり
レベル3ながら、ご家族の愛に包まれて平穏な生活を送っていたのに
今回、「扁平上皮癌」と言う病魔に襲われ、9歳で旅立ってしまった
ママさんから、ご連絡を頂いていたのに、
11月後半から、ほんとに日々、飛び回る日が続き、
延ばし延ばしになってしまっていた・・・
元気なマリーちゃんには会えないままだった
なんとか最期のお別れをしたくて、今朝出る前にお宅へお花を持っていったけど
事前に連絡もしなかったので、残念ながら会えず
先日、同胎姉妹のすみれちゃんを、同じく9歳で見送ったばかり
すみれちゃんやマリーちゃんの分まで、頑張って生きよう、小夏さん
2005年4月の写真 一番左がマリーちゃん、左から2番目が小夏
コナセナ写真

すみれちゃん逝く

また会いにいくね、の約束を果たせないうちに
小夏と同胎姉妹のすみれちゃんが旅立ってしまった・・・
出先でメールをもらい、夕方、お別れに行ってきた
9歳と2ヶ月
他の犬種からすると、早過ぎる旅立ち
でもキャバリアは、遺伝病に命にかかわる心臓病があるため
平均寿命は、他の犬種に比べ、短い・・・(涙)
10歳を越えて頑張れる子もいるけれど、5〜6歳の若さで逝く子も多いので
心臓病を発病しても、ゆっくり進行して、長く頑張れる子もいれば
急激に悪化してしまう子もいる
すみれちゃんは、ひどく苦しむことなく旅立った
それが救いだろうか・・・
つい先日の土曜日には、何度も甘えにきてくれて
かわいい笑顔を見せてくれたのに
今日は、もう、冷たくなって・・・
本当に、命ってはかない・・・
2003年6月生まれの、すみれちゃんと小夏
まだ、1歳になる前の、2004年の1月、寒いときに初めて会った
あれから9年、あっと言う間だったわ・・・
公園をめぐったり、お互いの家で遊んだり、カフェランチしたり
色んな思いでが一気によみがえり、
すみれママを慰めるべきところなのに、ママの方が、ぼろぼろ泣いてしまった
すみれちゃん、たくさんの想い出をありがとう
20080701-1.jpg
小夏はブラックタン、すみれちゃんはトライ、顔はそっくり

心臓病と闘う

隣町に住んでる小夏と同胎姉妹のすみれちゃん
今年の3月頃に心臓病の薬を飲み始めた
毎年、お誕生日を一緒にお祝いするので、6月末に会ったときは
一緒に公園をお散歩して近くのモールでランチしたくらい元気だった
が、その後、急激に悪化(泣)
肺水腫になり、ごはんが食べられず、すっかりやせてしまった
水がたまったら、利尿剤のお薬等で、少し回復、また悪くなるの繰り返し
お薬もあっと言う間に最高レベル(涙)
すみれママから、もう危ないかもしれないとのご連絡を頂き、
今日、パパも一緒に会ってきた
ら、想像していたよりは、元気だったすみれちゃん♪
ちょうど、今回の利尿剤が効いて、肺の水が減り元気と食欲が出たみたい♪
20120915-2
でも、以前に比べて、すっかりやせて一回り小さくなってしまい
ちょっと動き回ると、セキが出るし、吐き気もあるみたい
並んで写真を撮ると、小夏がますます大きく見えるわ(汗)
20120915-3
このところは、寝たまま動かなかったと言うことだけど、
今日は、おやつが欲しくて、こんな仕草も♪
20120915-4
すみれママもびっくり♪
「こんなにしっかりしたすみれを見るのは久しぶり」と
わんこも人間も、やはり、ひとり寝たきりの状態より、
他の刺激を受けることで元気になったりするのかしらね
ちょっとハッスルし過ぎて、今夜、疲れでセキがひどくならないか心配
小夏さんはと言うと、大好きなすみれママに会えて超ご機嫌で・・(苦笑)
るんるんお家の中を歩き回り
すみれちゃんのトイレに特大ウンピまでして(汗)
ノリノリで過ごしておりました(滝汗)
20120915-1
            サマーカットした小夏さん
アジで何ができるのできないの、と、悩んだりしてるけど
9歳の小夏さんが、まだ、心雑音も出ず、元気で
カイのお供で、フィールドに行くたび、これまた、ノリノリでフィールドに入り
「今日は、あたちの出番でしゅか?」みたいに、得意げに走って行く
頼みもしないのに、トンネルに突入したり
初級用のタッチ君ウォークをルンルン上がってみせたり(笑)
レッスン時間が迫って、車に返そうと呼ぶと、
「まだまだ、あたち、がんばりましゅっ」と、テントの所で仁王立ち
こんな元気な小夏さんでいられることを、もっともっと感謝しなくては♪
すみれちゃん、頑張れ!
また、会いに行くからね!
キャバリアの心臓病:僧帽弁閉鎖不全(MVD or MR)
遺伝性の慢性心臓弁膜症でキャバリアは他の犬種とは違い、文献によって多少違うが、若年(3歳〜5歳過ぎ頃)のまだ若い頃に発症することが多く、8歳過ぎると9割が発症する。