オビ・訓練競技」カテゴリーアーカイブ

オビ練/カイ

オビ練 4回目
脚側は、まだ、離れ気味
停止した状態での「伏せ」は、かなり反応が早くなった
が、行進中は、まだだめ
暑くて大変だったけど、30分くらいは集中してやってくれる
★ 本日の練習メニュー ★
脚側から、あちこちへ曲がる/Uターン
伏せ、座れ、立って
行進中の伏せ、座れ、立って
招呼
八の字またくぐり、足ジャンプ

オビ練/カイ

オビ練 3回目
ママが動いても、さっと後ろずらりながら横につく、が、まだ出来ない
カイ君、前を向いたまま、後方へ下がる、というのが出来ないのだ
前回から、忙しくて、ほとんど練習も出来なかったのもあるが(汗)
ちょっと練習方法を変えてみることになった
そして、ママにくっつけようとすると離れる傾向にあるカイ君
前よりは、距離が縮まったものの、まだまだだ(汗)
伏せ、座れ、立って、命令後の動作が、ゆっくりなので、もっと迅速に
★ 本日の練習メニュー ★
脚側から右曲がり、脚側から左曲がり、脚側からUターン
伏せ、座れ、立って
行進中の伏せ、座れ、立止
招呼

以上、30分くらいの練習
今日は、上空を飛行機が何度も飛ぶしで、あまり集中出来なかった(泣)
それでも、むかしは、飛行機が跳ぶと、右往左往、逃げ出しそうだったのが
今日は、怖くて気になりながらも、命令されたことは出来るくらいにはなってきた
アジでの経験を通して、強くなったねぇ♪

オビ練/カイ

2回目、カイのオビ練
前回の復習から
脚側のつけ方
Uターンの仕方
右回転の仕方
横ステップの仕方
伏せ、座れ、立って

本日、新しく
招呼とつけ方
前回と同じく、30分強くらいのレッスン
カイ君は、「体は正面のまま後方へ下がる」と言う動作が出来ない(汗)
まぁ、させたこともなかったけど
2回レッスンを受け、家でも練習したけど、まだ出来ない
カイの場合は、動く方向へ体の向きを変え、ママの横にきて、またターンしてつく
これを、体の向きを変えずに、ちょっと後退って、横について欲しい
コマンドについては、これまで、ひじょ〜〜〜にアバウトで、適当に言ってた(汗)
どのときに、何を言っていいのか、よく分からず
先生とも違うので、今回、先生にあわせて統一しようかな・・

オビ練/カイ

カイ君のオビ、チームテストとCD1&2の受験のためのみ
でも、キャバズとは違うカイを教えるのに悪戦苦闘
音や大きなワンコなどに弱虫なくせに
妙に勝ち気で頑固なカイ君
興味のないことをやらせようとすると結構、強情をはってやらない(汗)
脚側で、どうしても、体の側に寄ってくれない(泣)
ママ自身が、ちゃんとオビのレッスンを受けたことないことも大きく
上手に教えてあげられないのだ
悩んでいたところに、お友達が紹介してくれた♪
アジスクールでは、オビレッスンはなくなったので(以前から続けてる人は継続?)
チームテスト永久とCD2をとるまでだけど、これもカイ君の経験値になるはず
今日は、初レッスンなのもあり、30分ちょっとくらいで
犬のツケ方
ツケての歩き方
ターンするとき
集中が切れたときの対処
立止の教え方

と言う基本動作を習った
ママとだけで練習するより、やはり、うんと頑張れたね♪
と言うか、カイが頑張ると言うより、ママが覚えないといけないことばかり(笑)
次は、メモ帳持参しなければっ!

グループレッスン/ルカ/卒業

なんと、7ヶ月目に突入した、ルカの「アジリティーに入る前のグループレッスン」
本日、やっとお許しが出た〜〜〜〜!!!!!
先生に、「苦節6ヶ月」、と言ったら、「え?6ヶ月もやってました?」ですと
服従始めたの、去年の12月からですから(えぇ)
ママは、ボケが激しいので(おい)レッスンや約束は、手帳に全部記入してある!
それでも、今日は、6月から、10時開始が、9時開始に変わったのに
10時と間違っていて、8時半くらいに、そのことに突然気づき、大慌て(滝汗)
びゅんびゅん飛ばして、ちっちもさせずにレッスン突入
こんなとき、外チッチや、マーキングをしないルカは楽だわ
セナだったら、絶対だめだけど・・・
なににせよ、セナの検査結果に続いて、我が家は盆と正月が一気に来た気分
ママ、昼間っからビール開けちゃいました〜(こらこら、買い物は歩きか、汗)
ルカ

グループレッスン/ルカ

今日は、ルカのグループレッスン
相変わらず、わんこ並べて、すぐ側を他の人やわんこがざわざわしだしたり
真横にくっつかれると、どうしても、びびってしまうルカ(やれやれ)
と言う訳で、今日も卒業はなく、とうとう、7ヶ月目に突入決定(遠い目)

グループレッスン/ルカ

アジリティーのための服従訓練、グループレッスン
果てしなく続いている(汗)
ルモンドでの最長記録保持者?小夏を上回りそう(汗)
今日なんかは、一度も吠えなかったし
大型犬2頭の間、サンドイッチのきゅうりのように挟まれて
ちゃんと伏せして待っていられた!
それも1頭は、以前、押さえ込まれかけて苦手としているわんこ!
なんか、今日は、るぅたん、頑張ってるな〜、いい感じだな〜♪
服従始めてから、早6ヶ月だし、そろそろかぁ〜
なんて、はかない期待は、ばっさりと裏切られ(笑)
今日もレッスン終了時には、なんらコメントもなく・・・がくり

グループレッスン/ルカ

我が家の末っ子、瑠夏(ルカ)
昨年の12月から、アジのための服従訓練を開始して、はや5ヶ月が過ぎた
もう、何回目のグループレッスンが分からない
うちのスクールでは、アジリティーのクラスに入るのに
まず、個人で必要最低限の(CD1程度)服従訓練を受ける
そこを卒業したら、グループレッスンに移り、
人や犬に囲まれた状態でも、しっかり服従出来るようにする
先生からOKが出て、はじめて、服従を卒業しアジのクラスへいける
通常は、片手以内、多くても、両手以内の回数で終わる・・・はず(汗)
ルカ・・・先日の日曜日
ママの不注意で、びびりに拍車をかけてしまい(汗)
今日は、近寄ってきた先生に吠える始末(遠い目)
るぅたんが、ハードルを飛べる日は遠い・・・(しくしく)

JKC 春期訓練競技大会

2007.04.22 Sun JKC 春季訓練競技大会
中等科 CD2 に、びびりの小夏と初挑戦!
びびり克服に頑張ってきたが、さて、その成果が出るか!!!
20070422-1
20070422-2
20070422-3
20070422-4
20070422-5
20070422-6
小夏さんが、妙に、胸をはってるのが笑える(笑)
20070422-7
01.紐付脚側行進・・・・・(往路は常歩・復路は速歩)
  コの字型で30mのコースをリードを付けて脚側につけて往復
20070422-8
02.紐無し脚側行進・・・・(往路は常歩・復路は速歩)
  コの字型で30mのコースをノーリードで脚側につけて往復
20070422-9
03.停座及び招呼(来い)
  停座より犬に待てを命じ、常歩で犬から10m前方へ行き犬と対面
  呼び寄せ、犬は指導手の脚側に停座
  最初の位置へ戻り、最初の状態で脚側停座
20070422-10
04.伏臥(伏せ)
  脚側停座から伏せをさせ、脚側停座に戻す
20070422-11
05.立止(立って)
  脚側停座から立てをさせ、脚側停座に戻す
20070422-12
06.常歩行進中の伏臥
  脚側停座より常歩で脚側行進中5mの地点で歩度を変えずに
  犬に伏せを命じ、指導手だけ10mの地点まで行く
  犬の元へ戻り、指示により脚側停座につける
  最初の位置に戻り脚側停座
20070422-13
07.常歩行進中の停座
  脚側停座より速歩で脚側行進中5mの地点で歩度を変えずに
  犬に座れを命じ、指導手だけ10mの地点まで行く
  犬の元へ戻り、指示により脚側停座につける
  最初の位置に戻り脚側停座
20070422-14
08. 遠隔・停座から伏臥
  脚側停座より、指導手のみ約10m前方に行き
  犬に伏せを命じる。 犬の元へ常歩で戻り停座させる
20070422-15
09. 据座
  停座より犬に待てを命じ、常歩で犬から10m前方へ行き犬と対面。
  30秒後に指導手は犬の元へ戻る
20070422-16
10. 休止
  指定の位置まで、脚側で犬を移動させ停座
  犬に休止を命じ、指導手は指示された場所に隠れる
  約3分後指示より指導手は犬の元へ戻り脚側停座
  最初の位置に脚側でもどり、脚側停座
20070422-17
20070422-18
結果は、100点満点中 93.9点!
95点以上だと、ポイントがもらえたのだが、それには届かず
でも、あのびびりだった小夏が、こんな大会で最後まで競技出来たこと
それを、ママとしては、喜びたいと思う!
20070422-19
大幅な減点の理由は、とにかく脚側行進で、小夏が遅れること(汗)
でも、すんごく遅れながらも、ついてきて、ちゃんと脚側停座はした(爆)
20070422-20
スクールから、他にも、強風の中、頑張ったわんこ達♪
先生、皆さん、お世話になりました!!!
小夏も、ほんとに、頑張りました!!!

グループレッスン/ルカ

なかなかうまくいかない、ルカのグループレッスンの様子!
脚側に始まる服従訓練
さっそく、厳しいご指導が・・
「リードを操って、いかにもルカが脚側してるように見せてますが、
 ルカはぜんぜん、脚側理解してませんね!
 訓練のことを知らない人が見たら、
 ちゃんと脚側行進してるように見えるかもしれませんが・・・」
そんなつもりはないのですが〜〜〜(泣)
グループレッスン
並んで、「待て」中
このあと、1頭ずつ呼び戻しする(他の子はそのまま待つ)
グループレッスン
伏せして待たせてるわんこ達の間を脚側